「合理」と「非合理」の両輪

具体的には財政活動タレント的活動です。 平行ではない二つの直線には必ず交点が存在するように、この二つの線の先にある交点がきっとあってその正体が何なのかはわかりませんがそこを目指していきたいと考えています。

タレント的活動

最近「ロジックだけの人ってつまらないなー」とよく考えます。僕の仮説に過ぎませんが、合理的な選択や行動の結果はある程度予想できてしまうから面白さを感じられないというか飽きてしまうのではないかなと。遅かれ早かれやってくるAIの台頭により合理的であることの価値は下がり、相対的に人間特有の非合理性や情緒性の価値が上がると考えていて、エンタメ的というか非合理的な活動を大事にしていきたいと考えています。

ラジオ活動

前から個人としてブログの他にも情報発信をしていきたいという思いがあり、Youtubeだと編集などコストがかかりそうなので手軽なラジオを配信していくことにした。ラジオを行う趣旨や目的はこちらの記事を書いているのでもし興味があればご一読いただきたいです。

音楽活動

普通に面白そうというのが理由なのですが、それだけだとバカみたいなので一応それっぽい理由をつけておきます。仮に僕がどんなに正しいことを理路整然と文章化してそれを広めるため日本全国に遊説したところで、恐らくそれは響かないと思われます。他者に対して効果的に働きかけるためには結局は感情に訴えかける必要があると思っていて、その手段として特に音楽は強力であると感じます。

財政活動

「貧すれば鈍す」という言葉もある通り、財政活動がどうしても必要となってきます。

サービスの開発

ワイの唯一の武器と言っても良いので、夏までには

を完成させリリースまで持っていきたいなと思っています。北大のITサークルの自己紹介記事でも書きましたが、

  • 誰かの抱える課題を解決するアプリ、ニーズがあるアプリ
  • ユーザーやコンテンツが積み上がること

の二つを意識していきたいです。

プログラミングスクール

これは子供向けのボランティア活動がきっかけで始めたちょっとした個人事業です。当たり前ですが教室を貸してくださる企業様やお金を支払っていただいている保護者様がいますので、運営日記でも書いた通り

  • 生徒さん一人一人を大切にする
  • その他のステークホルダーの方々を裏切らない

ということを意識して今後も取り組んでいこうと思っています。また、子供に対して何か教えるということは僕自身も得られる学びや気付きがあったりするので、仕事という感覚もはや趣味みたいな感覚ですらあります。なかなか悪くない。

共通

ブログ

  • 自分の思考の整理
  • アウトプット・資産の積み上げ
  • 自分自身についての認知

ブログの執筆には継続することを前提にすれば様々なメリットがあると考えており、大きく上記の3つに寄与するものであると考えています。またブログに限らず文章を書くことによって得られる、言葉を操ると言いますか抽象思考を言語化する力は特に重要である感じています。

指針

下に羅列しましたが、全ては「信用を積み上げること」な気がしています。自分一人でできることなどたかが知れているということに大学を中退することが決まった最近(嫌でも)気づかされ、色んな人の力をお借りしなければならないのですがそれに際して必要なことでもあります。

1. 自分に関わるステークホルダーを裏切らないこと。その上で何かあれば謝罪すること。

特に謝罪ですね。ピンチの時や有事の時にこそ、その人の真価は現れると思っております。

2. 口ではなく、行動とその先にある成果物を先行させること。成果物なしに自分の思いや考えも伝わることはない。

プライドを捨てること

今までの経験的にもプライドによって選択肢や可能性を狭めてしまうことがあると考えています。というか僕もはや大卒でもないし、もはやプライドとか持ちようがない。笑